免許を取得する方

知っておきたいこと

AT車(オートマ)とMT車(マニュアル)、2種類の免許があります。
普通車の免許には、MT車とAT車の両方とも運転できる免許と、AT車だけ運転できる(AT車限定)免許の2種類があります。
カリキュラムは、道路交通法などを勉強する「学科教習」と車の運転を習う「技能教習」に分かれています。
MT車とAT車の学科教習はともに26時限ですが、技能教習ではMT車が34時限、AT車が31時限と3時限の差があります。
自動二輪車の免許を所持している方は、学科2時限、技能はMT車が32時限、AT車が29時限です。
MT車チェンジレバー

AT車チェンジレバー
教習プランはしっかりと
免許を取得するためには、最低でも3週間(21日間)程度の日数が必要です。
また法律で決められている教習修了までの期限は9ヶ月間です。

法律により、1日に受講できる時限数が決められています。
通わない日も入れると通常1ヶ月から1ヶ月半くらいが通う目安となります。
教習所の教習時間と休日、通学可能な日と時間帯を考慮して、計画的な教習ができるよう予定を立てましょう。
費用はしっかり確認すること
全部でどの程度の費用がかかるかは、しっかりと見極めてください。
車種別のカリキュラムは法で定められているのでどの教習所も同じですが、それにかかる費用は個々に差があります。提示されている金額も、カリキュラムの規定(最低)料金ですので、卒業までの平均時限数の差や別途料金の表示の違いなどがありますので、教習所選びの際は、これらの点をしっかりご確認ください。
公安委員会指定の教習所を選びましょう
技能試験が免除になるのは、「公安委員会指定」の教習所だけです。
指定自動車教習所は、公安委員会(警察)が定めた物的基準・人的基準・運営基準という3つの厳しい基準に適合した機関として、公安委員会から指定という形式で公的に認定された公共性の高い特殊な自動車運転者の教育機関です。

原動機付自転車(原付)の免許は、試験場での学科試験と講習で取得できます。
自動二輪車や普通車・準中型車・中型車・大型車は、公安委員会で指定された自動車教習所(学校)を卒業してから、学科試験だけを試験場(免許センター)で受ける方法が一般的です。
公安委員会の指定を受けていない教習所の場合は、技能試験も試験場で受験することになります。
教習所選びは口コミも大事です
その教習所の卒業生の評判が一番確かでしょう。
教習所を選択するにあたっては、自宅の近くか、学校の近くか、通勤・通学の途中か、といった判断基準があると思いますが、卒業された方からの評判も重要なポイントになるでしょう。相当な日数と時間を拘束されるわけですから、教習の雰囲気や応対、居心地の良し悪しのようなものが案外大きな決め手になることもあります。

入校にあたって

入校に必要なもの
免許をお持ち
でない方
●マイナンバーの記載されていない、ご本人のみの本籍地記載の住民票
●ご本人であることを確認できる、保険証・パスポート・マイナンバーカード・社員証・学生証などのいずれか
免許をお持ち
の方
原付等免許証をお持ちの方は、その免許証
(ICカード免許証で暗証番号が不明の場合は、本籍地記載の住民票が必要)
外国籍の方マイナンバーの記載されていない、ご本人の在留期限など全て記載された住民票と、在留カードか特別永住者証が必要
申 込 金現金・ローン(回数は36回まで)・
事前のお振込み払い・メルペイ・
クレジットカード
( VISA / Master / JCB / AMEX )

※申込金の金額とお支払い方法については料金・教習プランのページでご確認ください。

注)マイナンバーが記載された住民票をお預かりしたり、マイナンバー通知カードを本人確認書類として使用ができません。

入校資格
年 齢満18歳になる2ヶ月前から
視 力視力が両眼で0.7以上、かつ、片眼でそれぞれ0.3以上であること。片眼の視力が0.3に満たない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上であること。
色 別 力赤・青・黄色の区別が出来る方

※身体に障がいのある方は、事前に窓口へご相談ください。

入校当日行なう事として・・・
視力などの入校資格の検査のほか、写真撮影、教習についての説明を行ないます。
さらに教習開始のご予定をうかがい、最初の技能教習の予約をお取りします。
以上を済ますのにおよそ30~40分ほどかかります。

教習の流れ

入校

運転適性検査/先行学科①
※学科免除の方であっても、適性検査は受けていただきます

第1段階
学科:②~⑩番技能(所内):
AT12時限以上
MT15時限以上
仮免前効果測定:①~⑩番

所内教習

学科教習

修了検定/仮免学科試験
※自二免所持の方は仮免学科試験は免除です

修了検定

仮免学科試験

仮免取得

第2段階
学科:⑪~㉖番技能(路上等):
AT・MT共に
19時限以上
仮免前効果測定:①~㉖番
※自二免所持の方は学科21・23、大特免許の方は21・23と
 24~26が履修番号となります。

路上教習

応急救護処置

卒業検定(技能のみ)

卒業検定

卒業式(卒業証明書の交付)

教習開始
教習所を卒業
住民票がある試験場にて学科試験

運転免許証取得

個人情報の取り扱いについて

<個人情報保護方針>
東京都公安委員会指定竹の塚モータースクール(以下「当校」と称します。)は、業務上必要な範囲内及び適法公正な方法により住所・氏名・生年月日・電話番号等の個人情報の提供を受け、教習所業務の推進、またはサービス等の提供をするにあたり、個人情報の保護なくして、お客さまとの健全な関係はあり得ないと考えています。
当校は、個人情報保護の重要性を深く認識し、お客さまとの強い信頼関係を築くため、ここに、当校としての個人情報保護方針を公開いたします。

  1. 当校は、お客さまの個人情報を次の目的以外に利用いたしません。
    • 道路交通法で定められた教習業務及び各種講習(初心運 転者講習・高齢者講習・取得時講習(一種・二種)免許取得者講習等)の実施。
    • 当校が実施するアフターサービスや交通安全講習会及び各種イベントやキャンペーンまたはPR情報等の郵便・電話・電子メール等による提供・ご案内。
  2. 当校は、お客さまからのご本人の個人情報の開示(確認)の希望に対し、その提供があった時点からいつでも開示(確認)に応じます。開示(確認)した結果、その情報に誤り等が判明した場合は、速やかに訂正・追加及び削除をいたします。
  3. 当校は、ご本人からの個人情報の開示(確認)及び訂正・追加・削除の希望があった場合には、教習生証・免許証等によりご本人であることの確認をさせていただきます。なおその際、当校の定める書面の提出を求め、所定の手数料を申し受けます。
  4. 当校は、お客さまの個人情報について、上記1の利用目的以外に、第三者への提供や共同利用は行いません。
  5. 当校は、保管期間を経てから保有する個人情報を処理する場合、個人情報保護管理者の監督の下に責任をもって、物理的に破壊して廃棄します。
  6. 当校は、個人情報の保護に関する法律その他の規範を遵守します。
  7. 当校は、お客さまの個人情報について、適切な安全措置を講ずることにより、紛失・破壊・改ざん・漏えい等の危険防止に努めます。

平成17年 3月
平成24年10月1日改訂

東京都公安委員会指定竹の塚モータースクール
管理者

個人情報に関するお問い合わせ先
東京都公安委員会指定竹の塚モータースクール
「お客さま相談係」
東京都足立区竹の塚7丁目12番1号 TEL.03-3858-6666

このページのトップへ